マグロが好きな方。

マグロ解体師になりたい方。

自然が好きな方。

自然を守りたい方。

食を通して社会に貢献したい方。

ニッポンの水産業をもっと元気にしたい方。

信頼し合える仲間と働き、充実した人生を送りたい方。


脇口水産で一緒に夢を叶えましょう。


  鮪の目利きも、鮪を切るのも、すべて職人の手作業。

  普通の人には真似できない、確かな技術を身につけてプロになる。

鮪は機械では切れません。一本一本を大事に、職人が手作業によってさばきます。

「解体」のプロ。

一言に鮪といっても鮪にもそれぞれ種類があります。大きさも違えば、身質、ねばり、脂質、形状が一本一本に違う。それぞれの鮪にとって適切な切り方、扱い方をした上で、お客様の望む形に仕上げる。それがプロの職人の仕事です。 

「選別」のプロ。

旨いマグロを選び抜くには、妥協を許さない精神と、確かな目利き、判断力が必要になります。鮮度、身質、活き締め処理、色目、脂質、これらを総合的に見て瞬時に評価し、各お客様の求めるランクのものを見分けて提供します。お客様との信頼を築く上で最も重要なポジションです。



「目利き」のプロ。  

勝浦漁港の競に出て、入札を行います。需要に応じた相場を読み、鮪の肉質、弾力・鮮度、一本一本を見て札を入れていきます。

勝浦の競は、一発勝負。本数が多いため、一番高い札を入れた仲買人が競り落とす一発勝負です。

勝浦は『生』まぐろ水揚げ高日本一の漁港。

生まぐろ水揚げ3大漁港には、宮城県塩釜港、千葉県銚子港、和歌山県那智勝浦漁港とあります。

その中でも那智勝浦漁港は生まぐろの水揚げ高が日本一です。これら地方の産地の漁港で競り落とされたまぐろが、大阪の中央卸売り市場、東京の築地市場へと出荷されていきます。那智勝浦の鮪は値も良いですが、品質においても評価が高いのが特徴です。

 

良い品質のまぐろが揚がるのは、地理的にも地形的にも恵まれた那智勝浦だからこそ。

最高峰の百貨店や一流ホテルの料理人などが驚き、本物の味を求めようとされます。

 

「まぐろは天からの『預かり物』である」 と弊社の代表がよく申します。

私達は、自然からの恵みを一旦預かり、確かな目利きで選別し、お客様に提供させて頂いているだけだ ------ と。

お客様に喜んで頂くため、最高の形でお届けするため、だから私達はまぐろを大切に、丁寧に取り扱います。

 

美しく、おいしく、栄養豊富で、私達に「健康」と「食べる喜び」をもたらしてくれる、素晴らしい天然のまぐろ。

その素晴らしさをきちんとお客様にお伝え出来るように、私達は日々技術を磨き、研鑽しております。

 


近年では、社内で女子チームも活躍しています!

男子女子にかかわらず、脇口水産では、様々な能力を持った人達がひとりひとりの強みを活かして活躍しています。

鮪を買い付けて加工すること以外にも、沢山の分野で能力を発揮するフィールドがあります。

鮪の売り場作りの上手な人、販売・接客が得意な人、力仕事が得意な人、車の運転が得意な人、PCに精通した人、商品開発のアイディアマン、衛生管理に詳しい人、外国語が堪能な人、料理をするのが好きな人、など、全て仕事に活かすことが出来ます。

まずはcontactへ! ご連絡お待ちしております。